婚活と出会いは焦るところを抑えて動こう

年齢をある程度重ねてくると、「もう失敗できない」とか「時間がない」ということを念頭に置いて行動をとる男女が多いです。

結婚や出産などを考えれば、確かに若い方が肉体的にも精神的にも余裕があるともいえるかもしれませんが、最近は一般人をみても芸能界などをみても30代で結婚する人が増えている印象も多いですし、40代で初婚という人もざらにいます。

つまり、「遊ぶ時期」といってしまうのはなんですが、「相手を選ぶ時期」が昔より長くなっている傾向があるわけです。

「急いては事を仕損じる」という言葉はよく言ったもので、とにかく結婚したいからと何事も焦って婚活を繰り広げたり、無理にお付き合いなどをして結婚しても、素晴らしい将来が待っている可能性は低くなります。

なによりも大事なことは「平静」でいられるかということです。

とにかく結婚相談所に頼るというのも一つの選択肢ではありますが、「最後の砦」だと思っておいた方がいいです。

まずは周囲に素敵な人がいないか確認すること、知人や友人などのつてで異性との出会いがあるかないか、なにより「誰でもいいから結婚すること」などを第一条件にしちゃっていないかということを改めて考えなおしてみましょう。

「目的」と「理想」があまりにかけ離れてしまうと、追々上手くいかなくなることが多いです。
「理想」ばかりを追い求めるのも困りますが、しっかり地に足をつけて行動していくことが婚活成功の近道のはずです。

コメントを残す